発表

2020年

国際会議

国内会議

  • チャン・ディン・トゥアン, 李周浩, 島田伸敬,
    “深層学習による失敗自動対応可能な人間の作業プロセスのモデル化”, ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2020 in Kanazawa,2P2-J17, オンライン開催,  2020年5月27日(5/29発表)
  • 三宅雄大, 松尾直志, 島田伸敬,
    “リバビリテーションのための親指先端可動域の計測と可視化”, ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2020 in Kanazawa, 2P1-E04, オンライン開催, 2020年5月27日(5/28発表)
  • 野村 朋哉, 有本 光希, 松尾 直志, 島田 伸敬(立命館大),
    “オペラブルリアリティに基づく棚内物体の仮想操作インタフェース”, ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2020 in Kanazawa,1A1-L07,オンライン開催, 2020年5月27日. (5/28発表)
  • 野村 朋哉, 有本 光希, 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大), 
    “オペラブルリアリティ:棚内物体の仮想操作インタフェース”,
    2020年電子情報通信学会総合大会, D-21-2, 広島大学 東広島キャンパス(東広島市), 2020年3月18日. (現地開催中止 論文集発表)

2019年

受賞

  • IW-FCV2019 Best paper award:
    Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University), “Auto-encoder factorizing into transform invariants and transform parameters”, 
    The 25th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV2019)

国際会議

国内会議

  • 金子 貴博, 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
    “食品工場における食品操作自動化のための深層学習を用いた画像処理”,
    SIPシンポジウム -食産業とIoT/ロボティクスが拓く、新たな潮流-, 京都リサーチパーク(京都府京都市), 2019年11月19日. (11/19発表)
  • 河盛 真波, 島田 伸敬 (立命館大),
    “受信者の状態に応じた部分情報を重畳するARゲームの提案”,
    第24回バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2019), 3D-04, 東京大学本郷キャンパス(東京都文京区), 2019年9月11日~2019年9月13日. (9/11) Poster(PDF),  Paper(PDF)
  • Lix, Nobutaka Shimada(Ritsumeikan Univ.)
    “Inferring Task Plans from Visual Demonstration with Recurrent Neural Networks”
    第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019),グランキューブ大阪,2019年7月29日〜8月1日(8/1発表)
  • Yutong Zhou, Nobutaka Shimada(Ritsumeikan Univ.),
    “Using Motion Compensation and Matrix Completion Algorithm to Remove Rain Streaks and Snow for Video Sequence”第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019),グランキューブ大阪,2019年7月29日〜8月1日(7/31発表)
  • 福井 尚卿, 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
    “力入力に対する剛体群の運動応答予測と静力学的構造安定性の推定” https://doi.org/10.1299/jsmermd.2019.2P2-I03
    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019(ROBOMECH2019), 2P2-I03, 広島国際会議場(広島県広島市), 2019年6月5日~2019年6月8日. (6/7発表)
  • 眞田 慎, 松尾 直志, 島田 伸敬, 白井 良明(立命館大),
    “ニューラルネットワークを用いた物体画像から把持方法候補の想起”,
    パターン認識・メディア理解研究会研究会(PRMU), 信学技報, vol.118, no.404, PRMU2018-103, pp.51-55, 2019年1月, 京都市,京都テルサ, 2019年1月17日~2019年1月18日. (1/17発表)

2018年

受賞

  • MPR2018 best poster presentation award:
    ZHOU YUTONG, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University), 
    “Rain Streaks Detection and Removal Using Temporal Correlation and EM-Based Low-Rank Matrix Completion for Video Sequences”, 
    The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2018), P2-8, Nishijin Plaza , Kyusyu University, Fukuoka , Japan, October 15-17, 2018.(10/16発表, 査読なし)

原著論文

国際会議

  • ZHOU YUTONG, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University), 
    “Rain Streaks Detection and Removal Using Temporal Correlation and EM-Based Low-Rank Matrix Completion for Video Sequences”, 
    The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2018), P1-7, Nishijin Plaza , Kyusyu University, Fukuoka , Japan, October 15-17, 2018.(10/16発表, 査読なし)
  • Yuma Yamakosi, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University), 
    Development system of Facilitator’s skills to manage group discussions by gamification“, 
    The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2018), P3-5, Nishijin Plaza , Kyusyu University, Fukuoka , Japan, October 15-17, 2018.(10/17発表, 査読なし)
  • ZHAO YUJIAN, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University), 
    “Development system of Facilitator’s skills to manage group discussions by gamification”, 
    The 14th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2018), P4-2, Nishijin Plaza , Kyusyu University, Fukuoka , Japan, October 15-17, 2018.(10/17発表, 査読なし)
  • Takuya Kawakami, Tadashi Matsuo, Yoko Ogawa, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
    “Grasping Pattern Estimation Based on Co-occurrence of Object and Hand Shape”,
    The 24th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV2018), O2-7, Future University Hakodate, Hakodate, Japan, 2018. (2/21発表, 査読あり)

国内会議

2017年

原著論文

国際会議

国内会議

2016年

受賞

      • MPR2016 best poster presentation award:
        Masaki Yano, Hiroya Fukuhara, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Object Grasping By Learning Hand-Object Interaction from Human Behaviors”,
        The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), P2-8, Osaka Ibaraki Campus (OIC), Ritsumeikan University, Japan, November 11-14, 2016.(11/13発表, 査読なし)

 

国際会議

      • Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Evaluation Function for Shift Invariant Autoencoder”,
        The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), P1-9, Osaka Ibaraki Campus (OIC), Ritsumeikan University, Japan, November 11-14, 2016.(11/12発表, 査読なし)
      • Yuma Hirai, Keisuke Uema, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Emotion Estimation and Visuallization by Facial and Speech Expressions for Robotic Mental Care”(Poster),
        The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), P1-5, Osaka Ibaraki Campus (OIC), Ritsumeikan University, Japan, November 11-14, 2016.(11/12発表, 査読なし)
      • Takuya Kawakami, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Automatic Clustering of Grasping Patterns and Learning of Hand-Object Interaction from RGB-D images”(Poster),
        The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), P1-17, Osaka Ibaraki Campus (OIC), Ritsumeikan University, Japan, November 11-14, 2016.(11/12発表, 査読なし)
      • Masaki Yano, Hiroya Fukuhara, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Object Grasping By Learning Hand-Object Interaction from Human Behaviors”,
        The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), P2-8, Osaka Ibaraki Campus (OIC), Ritsumeikan University, Japan, November 11-14, 2016.(11/13発表, 査読なし)
      • Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Evaluation Function for Shift Invariant Auto-encoder”,
        The Workshop on Machine Learning Methods forHigh-Level Cognitive Capabilities in Robotics 2016 (ML-HLCR2016) (IROS2016 Workshop), Daejeon, Korea, October 14, 2016. (10/14発表, 査読あり)
      • Hiroyuki Adachi, Seiko Myojin, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “A Co-located Meeting Support System by Scoring Group Activity using Mobile Devices”,
        The 7th Augmented Human International Conference, pp.44:1–44:2, February 25-27, 2016. 査読あり
      • Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Construction of Latent Descriptor Space of Hand-Object Interaction”,
        The 22nd Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2016), O5-1, Hida Hotel Plaza, Gifu, Japan, February 17-19, 2016. 査読あり

国内会議

    • 平井 裕麻, 上間 圭祐, 島田 伸敬, ,
      “コミュニケーションにおける心理的情報を利用したメンタルケアロボット”, ,
      第34回日本ロボット学会学術講演会 山形大学 小石川キャンパス, 2016年9月7日-9日(9日発表).
    • 野村 祐資, 中村 暁史, 丸谷 宜史, 田中 弘美, 田川 和義, 島田 伸敬, 小森 優, 来見 良誠, 森川 茂廣, ,
      “アイ・ハンドコーディネーション解析に基づく実時間手術工程認識”,,
      第16回日本VR医学会学術大会抄録集, pp.38-40, Sep.3, 2016, 横浜情報文化センター (神奈川).
    • Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan Univ.),
      “Hand-Object Interaction Descriptor by Sparse Autoencoder without Inequality Constraint”,
      第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS3-70, アクトシティ浜松(静岡県浜松市), 2016年8月1日~2016年8月4日. (8/4発表,査読なし)
    • 八塚 達哉, 島田 伸敬 (立命館大),
      “オペレータブルイメージを用いた家庭向けロボットインタラクション”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016), 2P1-17a3, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2016年6月8日~2016年6月10日. (6/10発表, 査読なし)
    • 矢野 将基,福原 宏弥, 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
      “RGB-D画像からの把持パタン想起に基づくハンドアームによる物体把持”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016), 2P1-17a3, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2016年6月8日~2016年6月10日. (6/10発表, 査読なし)
    • 松尾 直志,島田 伸敬 (立命館大),
      “実機・シミュレーション間及び教室内外でシームレスなロボットプログラミング実験環境の構築”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016), 2P1-17a3, パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2016年6月8日~2016年6月10日. (6/10発表, 査読なし)
    • 加治木 太郎,島田 伸敬, 矢野 健一, 川村 貞夫 (立命館大),
      “画像のリアルタイム鮮明化と動画像からの水中物体形状の計測”,
      2016年5月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 立命館大学 大阪いばらきキャンパス, 2016年5月12日~2016年5月13日. (5/12スポットライト発表, 5/13ポスター発表, 査読なし)
    • 川上 拓也,松尾 直志, 小川 陽子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “3-Dシーン観察に基づく手と物体の関係性の学習と把持パタンの想起”,
      2016年5月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 立命館大学 大阪いばらきキャンパス, 2016年5月12日~2016年5月13日. (5/12スポットライト発表, 5/13ポスター発表, 査読なし)
    • 矢野 将基,福原 宏弥, 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
      “RGB-D画像からの把持パタン想起に基づくハンドアームによる物体把持”,
      2016年5月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 立命館大学 大阪いばらきキャンパス, 2016年5月12日~2016年5月13日. (5/12スポットライト発表, 5/13ポスター発表, 査読なし)
    • 春名 晃宗,安達 寛之, 明神 聖子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “立ち聞きクラウドと見せかけスイッチの実装および人狼ゲームへの適用”,
      第39回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会, 2016年3月16日~2016年3月17日. 査読なし
    • 川上 拓也, 松尾 直志, 小川 陽子, 島田 伸敬(立命館大),
      “3-Dシーン観察に基づく手と物体の関係性の学習と把持パタンの想起”,
      電子情報通信学会2016年総合大会, ISS-SP-195, 九州大学 伊都キャンパス, 2016.
    • 春田 岬, 島田 伸敬(立命館大),
      “画像の局所特徴量に基づく部分隠蔽と多種混在状況に対応した医薬品計数手法”,
      電子情報通信学会2016年総合大会, ISS-SP-196, 九州大学 伊都キャンパス, 2016.
    • 横田 加保子, 松尾 直志, 小川 陽子, 島田 伸敬(立命館大),
      “結紮手技訓練システムのための荷重計測方法の提案”,
      電子情報通信学会2016年総合大会, ISS-SP-249, 九州大学 伊都キャンパス, 2016.
    • 山腰 悠真,安達 寛之,明神 聖子,島田 伸敬(立命館大学),
      “会話の均衡を保つ採点モデルの提案とシミュレーション”,
      第167回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-HCI-167, No.15, 2016年3月8日~2016年3月9日.

2015年

国際会議

      • Hiroyuki Adachi, Seiko Myojin, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “ScoringTalk: A Tablet System Scoring and Visualizing Conversation for Balancing of Participation”,
        Siggraph Asia 2015 Symposium On Mobile Graphics And Interactive Applications, November 2-5, 2015.査読あり
      • Hiroyuki Adachi, Akimune Haruna, Seiko Myojin, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “ScoringTalk and WatchingMeter: Utterance and Gaze Visualization for Co-located Collaboration”,
        Siggraph Asia 2015 Symposium On Mobile Graphics And Interactive Applications, November 2-5, 2015.査読あり
      • Seiko Myojin, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Augmented Reality in Musical Expression Systems”,
        ACM SIGGRAPH VRCAI 2015 (14th ACM SIGGRAPH International Conference on Virtual Reality Continuum and Its Applications in Industry), Kobe Port Island Center, Kobe, October 30th – November 1st, 2015. 査読あり
      • Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Measurement of 3-D Workspace of Thumb Tip with RGB-D Sensor for Quantitative Rehabilitation” (DOI:10.1007/978-3-319-23024-5_26,URL),
        volume 45 of Smart Innovation, Systems and Technologies, pp.585-589, Springer International Publishing, September 11-12, 2015. 査読あり
      • Yoko Ogawa, Nobutaka Shimada, Yoshiaki Shirai (Ritsumeikan University), Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori (Shiga University of Medical Science),
        “Validation of Knot-Tying Motion by Temporal-Spatial Matching with RGB-D Sensor for Surgical Training” (DOI:10.1007/978-3-319-23024-5_53,URL),
        volume 45 of Smart Innovation, Systems and Technologies, pp.585-589, Springer International Publishing, September 11-12, 2015. 査読あり
      • Yoko Ogawa, Nobutaka Shimada, Yoshiaki Shirai (Ritsumeikan University), Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori (Shiga University of Medical Science),
        “Temporal-Spatial Validation of Knot-Tying Procedures Using RGB-D Sensor for Training of Surgical Operation”,
        IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2015), May 18-22, 2015, pp. 263-266.査読あり

国内会議

    • 明神 聖子(立命館大),
      “デスクワーカーのための卓上エンタテインメントに向けて”,
      情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション研究会,多摩美術大学八王子キャンパス,2015年11月9日.
    • 明神 聖子, 島田 伸敬(立命館大),
      “ノンバーバル情報の視覚化を用いた対面コミュニケーション支援の動向”,
      NICOGRAPH 2015, A-201, 大阪大学豊中キャンパス基礎工学国際棟, 大阪府, 2015年11月6日~11月7日. 査読あり
    • 島田 伸敬,松尾 直志(立命館大),
      “リハビリテーションの定量的評価のための親指先可動範囲の3次元計測 Measurement of 3-D Workspace of Thumb Tip with RGB-D Sensor for Quantitative Rehabilitation”,
      第3回看護理工学会学術集会プログラム・概要集, RG-06, pp.26, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, 2015年10月10日~10月11日.
    • 小川 陽子,横田 加保子,松尾 直志,島田 伸敬,白井 良明 (立命館大),来見 良誠,小森 優 (滋賀医大),
      “結紮訓練時の結紮対象にかかる負荷力計測方法の検討 Measurement of Strain by Ligation for Training of Surgical Operation”,
      第3回看護理工学会学術集会プログラム・概要集, P6-02, pp.74, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, 2015年10月10日~10月11日.
    • 明神 聖子, 安達 寛之, 島田 伸敬(立命館大),
      “ゲーム化によるコミュニケーション支援”,
      マルチメディア・仮想環境基礎研究会, A-201, 小樽市観光物産プラザ, 北海道, 2015年10月8日~10月9日.
    • 明神 聖子, 島田 伸敬(立命館大),
      “音楽表現活動における拡張現実感に関する一考察”,
      エンタテインメントコンピューティング2015論文集, A-201, pp.440-443, 札幌市教育文化会館(9/25,26),北海道大学学術交流会館(9/27), 北海道, 2015年9月25日~9月27日.
    • 松尾 直志, 島田 伸敬(立命館大),
      “ロボットプログラミング授業における教室内外でシームレスな実験環境の構築”,
      平成27年度教育改革ICT戦略大会, D-14, アルカディア市ヶ谷 私学会館(東京都), 2015年9月4日. 審査あり
    • 丸谷 宜史, 島田 伸敬, 田中 弘美 (立命館大), 小森 優, 来見 良誠, 森川 茂廣 (滋賀医科大),
      “手術プロセスに基づくVR腹腔鏡下手術訓練時の熟練者・初心者のアイハンドコーディネーション分析”,
      第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS2-1, ホテル阪急エキスポパーク(大阪府), 2015年7月27日~2015年7月30日. 査読なし
    • 川本 祥悟, 池上 貴之, 川北 真也, 寺西 研翔, 島田 伸敬 (立命館大),
      階層型イベント検知に基づく人と物の関わりのロギングシステム,
      第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS5-37, ホテル阪急エキスポパーク(大阪府), 2015年7月27日~2015年7月30日. 査読なし
    • 池上 貴之, 島田 伸敬(立命館大),
      “人間行動に基づく室内シーンロギングシステムのためのネットワーク指向型センサ/ディスプレイ基盤”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015), 2A1-P01, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日. 査読なし
    • 寺西 研翔, 川本 祥悟, 池上 貴之, 川北 真也, 島田 伸敬(立命館大),
      “人の行動をキーにした室内シーンロギングおよび検索インタフェース”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015), 2A1-P03, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日. 査読なし
    • 川北 真也, 島田 伸敬(立命館大)),
      “人物による物体移動の追跡を利用した物体アスペクトのモデリング”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015), 2A1-P04, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日. 査読なし
    • 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
      “手指リハビリテーションのためのRGB-Dセンサーを用いた手の3D姿勢推定”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015),2P1-A10, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日.
    • 八塚 達哉, 西田 昴, 小川 陽子, 島田 伸敬(立命館大),
      “ハンドアームと自律走行車の連携による冷蔵庫への横付けと開扉動作の実装”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015),2P1-E08, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日. 査読なし
    • 島田 伸敬, 平井 裕麻, 上間 圭祐(立命館大),
      “パートナーロボットのための人物位置マッピングおよび発話センシングシステムの製作”,
      ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto(ROBOMECH2015),2P1-E10, 京都市勧業館「みやこめっせ」, 2015年5月17日~2015年5月19日. 査読なし
    • 川本祥悟, 池上貴之, 川北真也, 島田伸敬(立命館大),
      “階層型イベント 検知に基づく人と物の関わり履歴の自動記録システム”,
      2015電子情報通信学会, D-12-54, 立命館大学, 2015年3月10日~2015年3月13日.
    • SIQI JIA, 松尾直志, 島田伸敬(立命館大),
      “3-D手指姿勢推定のための掌の表裏識別に基づく左手右手の自動判別”,
      2015電子情報通信学会, D-12-75, 立命館大学, 2015年3月10日~2015年3月13日.
    • 春名 晃宗,安達 寛之, 明神 聖子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “顔の向きの履歴を可視化するタブレットシステムの試作と心理ゲームへの応用” ,
      2015電子情報通信学会,情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション, ISS-SP-160, pp.160, 立命館大学, 2015年3月10日~2015年3月12日.
    • 安達 寛之, 明神 聖子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “ScoringTalk: 発話量の可視化と採点に基づき発話機会を調整するタブレットシステム” ,
      インタラクション2015,A42, pp.306-311, 東京, 日本科学未来館・東京国際交流館, 2015年3月5日~2015年3月7日.

2014年

受賞

      • Best Poster Award:
        Hiroyuki Adachi,Seiko Myojin,Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “Tablet System for Sensing and Visualizing Statistical Profiles of Multi-Party Conversation”(poster),
        The 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2014), R-P-05, Peking University, Beijing, China, October 16 – 17, 2014.

国際会議

国内会議

    • 丸谷 宜史, 田川 和義, 島田 伸敬, 田中 弘美 (立命館大), 小森 優, 来見 良誠, 森川 茂廣 (滋賀医大),
      “VRシミュレータを用いた腹腔鏡下手術訓練支援フレームワーク”,
      第23回日本コンピュータ外科学会大会, 14(VIII)-42, 大阪大学, 2014年11月8日~2014年11月9日.
    • 小川 陽子, 島田 伸敬, 白井 良明 (立命館大), 来見 良誠, 小森 優 (滋賀医大),
      “手術手技訓練における糸結び手技のRGB-Dセンサを用いた良否評価 Temporal-spatial validation of knot-tying motion using RGB-D sensor for training of surgical operation”,
      第2回看護理工学会学術集会, P2-08, 大阪大学, 2014年10月4日~2014年10月5日.
    • 松尾 直志, 島田 伸敬 (立命館大),
      “手指リハビリテーションのためのRGB-Dセンサーを用いた親指の3D稼働領域計測”,
      第2回看護理工学会学術集会, P2-09, 大阪大学, 2014年10月4日~2014年10月5日.
    • 丸谷 宜史, 田川 和義, 島田 伸敬, 田中 弘美 (立命館大), 小森 優, 来見 良誠, 森川 茂廣 (滋賀医大),
      “腹腔鏡下手術の技能分析・学習支援のための手術プロセス認識手法の検討”,
      第2回看護理工学会学術集会, O3-07, 大阪大学, 2014年10月4日~2014年10月5日.
    • 丸谷 宜史, 田川 和義, 島田 伸敬, 田中 弘美 (立命館大), 小森 優, 来見 良誠, 森川 茂廣 (滋賀医大),
      “VRシミュレータを用いた腹腔鏡下手術訓練支援のための手術プロセス認識・分析”,
      第14回日本VR医学会学術大会, P.13, 東京大学, 2014年9月13日.
    • 上間 圭祐, 平井 裕麻, 松尾 直志, 島田 伸敬(立命館大),
      “人つながり支援のための人物位置の実時間マッピングに基づくロボットナビゲーション”,
      第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014), 1C3-07, 福岡, 九州産業大学, 2014年9月4日~2014年9月6日.
    • Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka(Ritsumeikan University), Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori and Sigehiro Morikawa(Shiga University of Medical Science),
      “A study on recognizing surgical processes from training logs for VR Laparoscopic cholecystectomy surgery training support”,
      第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-29, 岡山, 岡山コンベンションセンター, 2014年7月28日~2014年7月31日.
    • 森岡 慎也,島田 伸敬,松尾 直志,白井 良明 (立命館大),
      “Joint特徴に基づく手と物体の関係性記述を用いた把持状態の検出”,
      第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS1-62, 岡山, 岡山コンベンションセンター, 2014年7月28日~2014年7月31日.
    • 小川陽子, 島田 伸敬, 白井 良明 (立命館大), 来見良 誠, 小森 優 (滋賀医大),
      “手術手技訓練のためのSHOT特徴量を用いた糸結び動作の識別とフレーム単位の評価”,
      第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS1-32, 岡山, 岡山コンベンションセンター, 2014年7月28日~2014年7月31日.
    • 安達 寛之,明神 聖子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “タブレットPCの前背面カメラを活用したARによる会話特徴量の可視化”,
      インタラクション2014, A3-9, pp.265-270, 東京, 日本科学未来館, 2014年2月27日~2014年3月1日.
    • 明神 聖子, 島田 伸敬 (立命館大),
      “拡張現実感のユーザ別情報提示に基づく不完全情報ゲームのオプションのリデザイン”,
      インタラクション2014, A0-0, pp.121-128, 東京, 日本科学未来館, 2014年2月27日~2014年3月1日.

2013年

原著論文

国際会議

国内会議

2012年

原著論文

国際会議

      • Sho MIYAMOTO, Tadashi MATSUO, Nobutaka SHIMADA,Yoshiaki SHIRAI (Ritsumeikan University),
        “Real-Time and Precise 3-D Hand Posture Estimation Based on Classification Tree Trained with Variations of Appearances”,
        ICPR2012, Tsukuba Science City, Japan, November 11-15, 2012.
      • Seiko MYOJIN, Arata SATO, Nobutaka SHIMADA (Ritsumeikan University),
        “Augmented Reality Card Game based on User-specific Information Control”,
        Proceedigs of ACM Multimedia 2012, Short paper (acceptance rate : 31.2%), pp.1193-1196, Nara, Japan, October 29 – November 2, 2012.
      • Hayato Nishimaru, Nao Horimoto, Seiko Myojin, Tadashi Matsuo, Nobutaka Shimada (Ritsumeikan University),
        “A Partner Robot Watching User’s Daily Activities”,
        The 8th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2012), CD-ROM, Fukuoka, Japan, October 16 – 17, 2012.

国内会議

    • 川本祥悟, 池上貴之, 岡本和浩, TRUONGTUAN MANH, 松尾直志, 島田伸敬(立命館大学),
      “多様な見え変化を許容した物体持ち込み・持ち去り履歴ロギングシステム”,
      第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2012, 1H2-4, CDROM, 福岡国際会議場, 2012年12月18-20日
    • 西丸隼人,堀元直生, 明神聖子,松尾直志,島田伸敬(立命館大学),
      “パートナーロボット視点からの観察による人・物体関連シーンの抽出”,
      ビジョン技術の実利用ワークショップViEW2012, OS2-H3(IS1-D10), CD-ROM, 神奈川県横浜市, パシフィコ横浜アネックス・ホール, 2012年12月6日~7日.
    • 明神 聖子, 佐藤 新,島田伸敬(立命館大学),
      “テーブルトップ型拡張現実感における情報の様態に着目した被操作物体環境”,
      マルチメディア・仮想環境基礎研究会,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.112,No.221,pp.17-20,北海道根室市,2012年9月.
    • 成雄大、島田伸敬、白井良明(立命館大学),
      “情報の遮蔽に起因する集団内齟齬を解消する自動発話生成”,
      第26回人工知能学会全国大会 JSAI2012, 山口県教育会館, 2012年06月12日~15日
    • 明神 聖子, 佐藤 新,島田伸敬(立命館大学),
      “ARのユーザ別提示情報調整機能を活かしたカードゲームシステム”,
      第23回 エンタテインメントコンピューティング研究会, pp.1-6, 兵庫県神戸市, ポートアイランド臨床研究情報センター, 2012年3月26日(月)~3月27日(火).
    • 森本 航, 島田 伸敬, 明神 聖子, 白井 良明(立命館大学),
      “作文における論理構造組み立て支援インタフェース”,
      2012年電子情報通信学会総合大会, 岡山大学, 2012年3月20日(火)~3月23日(金).

2011年

原著論文

国際会議

      • Seiko MYOJIN(Ritsumeikan University), Masumi SHIMIZU(Osaka University), Mie NAKATANI(Osaka University), Shuhei YAMADA(Nara Institute of Science and Technology), Hirokazu KATO(Nara Institute of Science and Technology), Shogo NISHIDA(Osaka University),
        “Reminiscence Park Interface: Personal Spaces to Listen to Songs with Memories and Diffusions and Overlaps of Their Spaces”,
        ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces 2011 (ACM ITS2011), Kobe International House, Kobe, Hyogo, Japan, November 13-16, 2011.
      • Tadashi MATSUO, Yoshiaki SHIRAI, Nobutaka SHIMADA (Ritsumeikan University),
        “Estimation of HMM with Topology Reflecting Various Motions for Sign Language Recognition”,
        The 7th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2011), OS2-2, Peking University (Beijing, China), 2011/10/13-2011/10/14.
      • Sho MIYAMOTO, Koichi FUJIMOTO, Tadashi MATSUO, Nobutaka SHIMADA, Yoshiaki SHIRAI (Ritsumeikan University),
        “Real-Time and Precise 3-D Hand Posture Estimation Based on Decision Tree Trained with Variations of Appearances”,
        The 7th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2011), Poster19, Peking University (Beijing, China), 2011/10/13-2011/10/14.
      • Manh Tuan TRUONG, Nao HORIMOTO, Kazuhiro OKAMOTO, Nobutaka SHIMADA, Yoshiaki SHIRAI (Ritsumeikan University),
        “A Gesture Interface for Indoor Scene Monitoring System based on 3D Shape and Skeleton”,
        The 7th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2011), Poster21, Peking University (Beijing, China), 2011/10/13-2011/10/14.
      • Takayuki KITAMURA, Koji AIMOTO, Yoshiaki SHIRAI, Nobutaka SHIMADA (Ritsumeikan University),
        “Automatic Generation of Training Samples for Sign Language Recognition”,
        The 7th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2011), Poster25, Peking University (Beijing, China), 2011/10/13-2011/10/14.

国内会議

2010年

著書

      • 松原 仁, 野田 五十樹, 松野 文俊, 島田 伸敬, 他共著者多数,
        “ロボット情報学ハンドブック”,
        ナノオプトニクス・エナジー出版局, 第5章コンピュータビジョン 第10節(シーン・物体認識とインタラクティブビジョン、pp.342-353)を単独で執筆. 2010.

国際会議

      • University, Fukuoka, Japan. , 2010/10/08-2010/10/09.

国内会議

2009年

国際会議

国内会議

2008年

原著論文

      • 今井 章博(大阪大), 島田 伸敬, 白井 良明(立命館大),
        “複雑背景下におけるモデルの照合誤りを考慮した手指形状推定”,
        電子情報通信学会論文誌 D Vol.J91-D, No.3, pp.784-792, 2008.

国際会議

国内会議

2007年

原著論文

      • 大田 博義(パナソニックMSE), 木村 朝子, 島田 伸敬, 田中 弘美(立命館大),
        “Analysis by Reality-Based Simulationに基づく関節物体の力学的機能推定”,
        電子情報通信学会論文誌 D Vol.J90-D No.7, pp.1799-1811, 2007.
      • 中島 慶人, 佐藤 真一, 白井 良明, 上野 晴樹,
        “旋回中の監視カメラで撮影した画像からの高速な侵入者検知”,
        電気学会論文誌 電子・情報・システム部門誌C, Vol. 127, No.3, pp.359-366, 2007.
      • 浜田 康志, 島田 伸敬, 白井 良明,
        “手話認識のための複雑背景下で高速に運動する手指の形状推定”,
        電子情報通信学会論文誌 D Vol.J90-D No.3, pp.617-627, 2007.
      • 三浦 純, 森田 英夫(大阪大), ヒルド ミヒャエル(大阪電通大), 白井 良明(立命館大),
        “SVMによる物体と位置の視覚学習に基づく屋外移動ロボットの位置推定”,
        日本ロボット学会誌, Vol.25, No. 5 pp.792-798, 2007.
      • 原口 一馬, 島田 伸敬, 白井 良明, 三浦 純,
        “センサの見通し可能性を考慮した確率的モデルによる障害物地図の作成”,
        日本ロボット学会誌 Vol.25 No.04, pp.148-158, 2007.

国際会議

国内会議

2006年

原著論文

      • 島田 伸敬, 上條 真継, 松下 浩一郎, 松谷 剛, 田中 弘美,
        “ハプティックビジョンに基づく関節物体のインタラクティブモデリング”,
        電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J89-D No.9 pp.2013-2024, 2006.
      • A. Matsumoto, Y. Shirai, N. Shimada, T. Sakiyama, and J. Miura,
        “Robust Face Recognition under Various Illumination Conditions”,
        IEICE Trans. on Info. and Sys., Vol.E89-D, No.7, pp.2157-2163, 2006.
      • J. Miura, Y. Negishi, and Y. Shirai,
        “Adaptive robot speed control by considering maps and motion uncertainty”,
        Robotics and Autonomous Systems, Vol.54, No. 2, pp.110-117, 2006.
      • Md. Hasanuzzaman, T. Zhang, V. Ampornaramveth, Y. Shirai and H. Ueno,
        “Gesture-Based Human-Robot Interaction Using a Knowledge-Based Software Platform”,
        International Journal of Industrial Robots, Vol.33, No.1, pp.37-49, 2006.
      • 三浦 純, 根岸 善朗, 白井 良明,
        “地図と移動の不確かさを考慮した未知環境における移動ロボットの適応的速度制御”,
        日本ロボット学会誌, Vol. 24, No. 1, pp. 47-55, 2006.

国際会議

国内会議

2005年

原著論文

国際会議

国内会議

2004年

原著論文

国内会議